ニキビを潰すのが楽しい人は要注意!一生跡が治らなくなるかも【マジで】

ニキビを潰すのって楽しいですよね。

あのプチッとした感触が好きでなかなか止められない方いると思います。

でも潰すニキビによっては危険な可能性もあります。

一生跡に残る可能性もあります。

今回はニキビを潰すのが楽しいと感じる方に見て欲しい内容を書きました。

この記事を見ると以下のことが分かります。

それでは早速見ていきましょう。

ニキビを潰すのが楽しいのはなぜ?

まずそもそもなぜニキビを潰すと楽しいと感じるのでしょうか?

結論からいうと大昔の習慣だからです。

サルは毛づくろいをする習慣があります。

毛づくろいをしたときにとれたノミやシラミを自然と潰すと言われています。

サルにとっても潰すのは楽しく感じるみたいです。

人間の祖先も昔はサルと近い存在だったのを考えると、現代人にもその感覚がまだ備わっているのかもしれません。

ニキビを潰すのはプチプチを潰すのと似ていますよね。

アメリカの研究によるとプチプチを潰すのにはストレス軽減効果があると言われています。

貧乏ゆすりや指で机をトントンするのも同じストレスを軽減させる行動です。

プチプチを潰した時の感触と音に達成感を感じる方もいます。

達成感を感じた時に脳内ではドーパミンがたくさん分泌されているので癖になりやすくなります。

ニキビを潰すのもプチプチを潰すのと同じで癖になりますよね。

ニキビの中にある白いものを押し出すことで肌が平らになるすっきり感も味わえます。

ニキビを潰した跡はどうなるの?

ニキビを潰したら跡はどうなると思いますか?

治ると思う方も跡が出来ると考えた方もどちらも正解です。

というのもニキビには潰しても良いニキビと潰したらダメなニキビがあります。

ニキビには潰しても良いニキビとダメなニキビがある!

ニキビには4つの種類があります。

白ニキビ:潰しても良い

皮脂や老廃物が溜まり毛穴に詰まることでニキビができてきます。

初期のニキビは少し盛り上がった程度で白ニキビと呼ばれています。

黒ニキビ:潰しても良い

白ニキビが空気に触れることで酸化して黒ニキビになります。

ここまでは毛穴の角質を取り除いてやることでケア出来るニキビです。

※潰しても良いとはいえ、皮膚に強い刺激を与えてしまうと周りを傷つけてしまいます。

やる場合は自己責任で。

赤ニキビ:潰しちゃダメ

黒ニキビが毛穴の中で炎症を起こし菌が繁殖することで赤ニキビになります。

赤ニキビを潰すと血が一緒に出てきます。

血はニキビの周りの皮膚組織がダメージを受けることで出てきます。

赤ニキビは安易に潰してしまうと悪化してニキビ跡になる可能性があります。

黄色ニキビ:潰しちゃダメ

赤ニキビの炎症が進み膿が溜まって大きく腫れた状態が黄色ニキビです。

この状態で潰してしまうと、クレーター状のニキビ跡ができてしまうため病院でしっかりと見てもらった方が良いです。

 

白ニキビと黒ニキビは潰してもいい時期ですが、赤ニキビと黄色ニキビになってからは潰さないほうがいいですね。

ニキビを潰した跡のケアも忘れずに行いましょう。

ニキビケアが大事!

 

ニキビはちゃんとケアをしてあげることが大事です。

ニキビを潰す前でも潰した後でもしっかりとケアをしてあげることで跡になるのを防ぐことができます。

こういったものを使うと良いです。⇒男性必見!ニキビ跡対策に
女性用はこちらです。⇒ニキビ後ケアにおすすめ

ニキビにならないよう注意すること

・クレンジングはオイル系を使わないようにする

・洗顔時はクレンジングや汚れが残らないようしっかりと洗う

・メイクする際は炎症部分を避けること

・ニキビを悪化させる糖質や脂質の高い食べ物を食べないようにすること

上記のことに気を付けるだけでもニキビができづらくなります。

まとめ

ニキビを潰すのが楽しいのは本能的にそうなっているからです。

白ニキビと黒ニキビは潰すことによって早く良くなる場合もあるが、赤ニキビと黄色ニキビは潰すと跡になりやすいです。

自分で正しく潰すこともできるが病院でやってもらった方が間違いがないですね。

日頃からちゃんとケアをすることでニキビができにくい肌を目指しましょう。